幼児クラス

人生の重みにしっかり耐えられる
「心身の基礎作り」に取り組んでいます。

こどもたちが社会で生きていく力の基礎は、生後10年の間に培われます。湧き出るようなエネルギーや強い好奇心、行動力に恵まれた幼児期は、自分の思いのままに動かせるしなやかな体、そしてやる気や集中力、継続力、優しさ等を備えた柔軟な心を培うには最も適した時期です。同年齢の友だちと一緒に、興味を持ったことをしてみる生活を通じ、いろんなことに気付き、知識に出会い、技術も習得していくことが出来るよう、子どもたちの将来への見通しをもって教育活動を行っています。

山中 秀馬

園長山中 秀馬

岡山大学大学院教育学研究科発達支援学専攻幼児教育コース卒業。幼稚園教諭専修免許状、保育士資格、小学校教諭1種免許状、中学校教諭1種免許状(国語)、高等学校教諭1種免許状(国語)、英検准1級取得。平成23年より清和幼稚園勤務、平成26年、副園長就任。令和3年より高知福祉専門学校「教育課程論」非常勤講師。令和3年、清和幼稚園みどりの丘園長就任。3人の娘の父。

保育目標

  • 人として自立した生活を営むために、生活リズムと基本的生活習慣を身につける。
  • 体を目一杯使って活動することを通して、体力や気力を養う。
  • 他人の気持ちや考えを大切にする心や態度を養う。
  • 日本の伝統的な作法の基礎を学ぶ。
  • 他の生物の命を頂くことによって、自分の命が維持されていることに感謝する心を養う。
  • 他人とのよい関係を築いていくために、豊かな言葉を身につける。
  • 自然事象や美しいものに触れる中で、五感を磨く。
  • 美しいものや感動したものを表現しようとする意欲を養う。
  • 【生命保持】一人ひとりの子どもが園での生活を健康で安全に過ごし、
    喜びを感じながら基本的生活週間の基礎を培い、自信を持って生活できるようにする。
  • 【情緒の安定】身近な大人と信頼関係を築き、安心して生活できるようにする。

教育内容

生きていくために最も必要な生活意欲を高め、自発的、主体的にものごとを考え、取り組むことのできる人、また他人に対する思いやりや、優しさを持った人に育って欲しいとの願いを持って教育活動を行っています。

丈夫な身体、頑張る心、優しさ等、友だちと一緒に遊ぶことによって育つものを大切にしています。本園では、縄跳び・跳び箱・鉄棒・ドッチボール・竹馬などの運動遊びを積極的に取り入れると共に、薄着・素足を励行し、丈夫な身体づくりや体力づくりに取り組んでいます。

努力と集中的な取り組みの後、深い喜びと共に達成感を味わうことのできるこれらの遊びは、集中力や頑張り通す心、耐える心を育てます。また、教え合ったり、励まし合ったり喜びを分かちあう等の経験を積み重ねるうちに友だちに対する思いやりの心も育ってきます。

生活と教育を一体としてとらえ、人間として生きていくために必要な基本的な能力や生活習慣がしっかり身につき、何事にも積極的に取り組める意欲的な子どもを育てるために、家庭との連携を大切にしています。そのため、園での生活の様子を伝えるクラス便りをできるだけ多く発行したり、連絡ノートを活用したりしています。

読書は、情緒・情操を育み、文字への関心、豊かな言語能力を養うと共に考える力をも養います。そのため、園での絵本等の読み聞かせと併行して絵本の貸し出しを行い、家庭でも親子で本に親しんでいただくよう努めています。

課外教室

スティーブン・レガット

【英語学習】

2歳児~年長

生活の中に英語を

身体の動きに通して「聞くこと」の能力を発達させる方法を取り入れています。英語表現の時間はダンスや音楽に合わせて楽しみながら身につきます。さらに、普段の生活でも一緒に過ごせるような環境づくりをしていますので、外国人との触れ合いを通じて英語に親しみを覚えるよう行っています。年齢が上がるごとに単語から英文へ少しずつレベルを上げていきます。

中嶋 佐緒里

【硬 筆】

4歳児~年長

ほめる+のばす+たのしく

鉛筆の正しい持ち方から、美しい文字を書けるよう、また字を丁寧に書けるよう身につけていきます。たくさんほめて自己肯定感をのばすことで、小学校に上がっても前向きに努力が自然にできるよう目指しています。

スタッフ紹介

子どもたちの笑顔が大好きなスタッフばかりです!
幼児期に経験する事柄の大切さを考え日々の保育に取り組んでいます。
清和幼稚園でみなさんにお会いできるのを楽しみにしております。

副園長山中 悠紀子・山中 麻実

スタッフ紹介

アクセス